噂の冬虫夏草とその効果とは

冬虫夏草は生きた昆虫に寄生し、その内部細胞を分解したものを栄養源として成長していくキノコの一種です。

「虫の細胞を分解する強力な酵素」

を持つということでガン細胞などの悪性のものも分解できるのでは?

という考えから研究がなされ、抗がん作用や抗腫瘍作用の効果に期待できると言われるようになりました。

他にも、免疫力を高めたりコレステロール抑制の効果があったりなどから「不思議なキノコ」

とも言われています。

また冬虫夏草は不老長寿の妙薬とも言われております。

いろいろな説がありますが、老化とは体内の酵素の不足によって起こると言われていますが、冬虫夏草には、老化を防ぐために必要である酵素の産生に必要なアミノ酸が豊富に含まれています。

そして活性化を促す働きもあるので、酵素の産生を活発にしてくれるという効果があります。

摂取することで、酵素の材料となるアミノ酸を補う事ができ、酵素の産生を活発にできるため、老化を防ぐ効果から不老長寿と言われると思われます。

冬虫夏草は歴史が古い優れた漢方生薬のひとつで、古代中国の王朝で、疲労回復やエネルギーを生み出す源である強壮や精力増強の効果。

そして不老長寿に効果があるとされ珍重されてきました。

また冬虫夏草には、肺と腎臓を強くする働きがあるいうことで、現在では他の生薬と組み合わせ、肺気腫や喘息の治療に使われています。

また、不老長寿の薬草と呼ばれるには理由があり、免疫力を高める効果と、傷ついた細胞の修復力があることが最近の研究で判明しています。

それ以外にも、抗腫瘍作用や抗酸化作用。

生活習慣病や老化の予防。

コレストロール値の抑制、動脈硬化の予防などにも効果があります。

そして、キノコ類の細胞壁に含まれる健康維持に役立つといわれているβ-グルカンの含有量はアガリスク茸の17倍、普通のキノコの約170倍と多量に含まれています。

その他、ミネラル類やアミノ酸などのタンパク質など栄養成分の含有量も豊富なので、男女年代問わず健康維持の為にもにもおすすめです。